FC2ブログ

キルギス&ウズベキスタン旅行の写真

sP6211116raw.jpg

ウズベキスタン分の写真も、flickerのアルバムに置いておきました。

ウズベキスタン
https://flic.kr/s/aHsmoJEWi9

キルギス
https://flic.kr/s/aHsmog4oGL

ついでに、今回行った場所の地図↓。クリックすると、インターネット上の地図へ移動します。
sキルギスウズベキスタン写真

ユリカモメ in キルギス

モノレールの「ゆりかもめ」ではありません(笑)

キルギスのソン・クル湖にたくさんいた鳥↓
sP6160417raw.jpg

sP6160383raw.jpg

飛び方も大きさもカモメっぽいんだけど、海のない国なのにカモメ?と不思議だった。
しかも、この鳥、見たことあるような気がする。。。

調べてみたら、やっぱり「ユリカモメ(Black-headed Gull)」らしい。

まるで別鳥!ユリカモメは夏になると頭部が真っ黒になる
https://zooing.honpo21.net/archives/498
「動物おもしろ雑学集」より


で、キルギスにもけっこういるらしい。海から遠いけど。。。

Black-headed Gull
http://kyrgyz.birds.watch/v2taxgal.php?s=158&l=en&p=0
「KYRGYZ BIRDWACHING COMMUNITY」 より


他の写真は、少しずつ、ここ↓へ入れてます。
https://flic.kr/s/aHsmog4oGL

帰国しました

昨夜、キルギス&ウズベキスタン旅行から帰国しました。
写真、とりあえず一部だけ載せておきます。

キルギスでは、ジュディ・オグズ(1泊)とソン・クル湖(2泊)でユルタ(遊牧民の移動式住居)に泊まりました。
ジュディ・オグスで泊まったユルタの内部↓
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

360度カメラで撮っているので、画像の上で左クリックしたままマウスを動かすと(スマホの場合はスワイプ)、上下左右、好きなところを見れます。
もっと大きな画面で見たい場合は、↑の画像の中の「THETA」の部分か、こちら↓のリンクをクリック。
https://theta360.com/s/ck525b5gPeSUsl1tDYXdCfe5M

キルギス、ソン・クル湖。
ここは行く前から降水確率100%と言われてて、雨で何もすることないのでは?と心配していましたが、2日目は雨も上がり、虹が見えました。↓
sP6160694raw.jpg


ウズベキスタンは、今回は、ほぼサマルカンド限定。
ライトアップされたレギスタン広場↓
sP6240612.jpg

シャーヒ・ズィンダ廟群の中のひとつ↓
Post from RICOH THETA. - Spherical Image - RICOH THETA

これも360度カメラで撮っているので、画像の上で左クリックしたままマウスを動かすと(スマホの場合はスワイプ)、上下左右、好きなところを見れます。
もっと大きな画面で見たい場合は、↑の画像の中の「THETA」の部分か、こちら↓のリンクをクリック。
https://theta360.com/s/bwYnTIx1v3tbbaDkGNSOllQn6

写真、他にも大量にあるので、これからゆっくり整理します。

キルギス&ウズベキスタン

6/12(火)から、2週間、キルギスとウズベキスタンへ旅行に行ってきます。
こんな時期に、2週間も旅行しようとしていることから、おわかりかと思いますが、、、現在、無職(笑)
6/25(月)に帰国した後、7月から新しい仕事を開始します。

キルギスとかウズベキスタンと言っても「それどこ?」って人が大半なので、地図、添付しときます。

キルギスウズベキスタン

バタバタあちこち移動するのがあまり好きじゃないので、どっちの国も、周ってくるのは、ほんの一部分だけですが。

立山黒部アルペンルート


立山黒部アルペンルート
https://www.alpen-route.com/about/

立山黒部アルペンルート、立山駅側から扇沢へ通り抜けてきました。途中、室堂で2泊。
立山駅に着いたのが午後だったので、ケーブルカーもバスも待ち時間なく乗れたけど、そこそこ混んでいたので、立山側の移動は景色を見る余裕なし。。。

室堂のホテルに着いたら、ライチョウがいた! ホテルの近くに住みついているらしい。
sP5160186raw.jpg

着いた日は、お天気良かったんだけど↓
sP5160007.jpg
次の日から天候が崩れるという天気予報のとおり、次の日は霧と雨のため、ほぼ一日中、視界が真っ白。。。それでもけっこう、外国人も含め、観光客多い。
sP5170009.jpg
この日は、外へ出れないので(出ても真っ白で何も見えない)、立山自然保護センターやターミナルの建物内の展示室のビデオ、いろいろ堪能しました(笑)

次の日の天気予報も、あまり良くなかったんだけど、運よく、早朝は晴れていたので、朝食前にお散歩。
sP5180017.jpg

前日の雨でかなり雪がとけて、これまで埋もれてた案内板が出てきた。それでも、まだ、この雪!
sP5180023.jpg

午後からは、また天気が崩れそうな雰囲気なので、始発(7:45)の立山トンネルトロリーバスで黒部側へ移動開始。さすがに、室堂からの始発なので、人少ない♪
トロリーバスとロープウェイの乗り継ぎ地点、大観峰からの眺め↓
sP5180032.jpg

ここから、ロープウェイで、下に見える黒部平へ。
ロープウェイの窓ごしに写真撮っているので、ガラスの映り込みが(笑)↓
sP5180059.jpg

そして、黒部平からケーブルカー(トンネルなので景色は見えない)で、黒部ダムでできた黒部湖へ。
sP5180080.jpg

ここから、ダムの堰堤の上を歩いて、対岸へ移動。黒部ダムの展望台へ上っている間に、だんだん山の上の方、雲が多くなってきてる。。。
sP5180110.jpg

黒部ダムからは、関電トンネルトロリーバスで、終点の扇沢へ。この間、ほぼトンネルなので景色見えない(笑)

トロリーバス、今、日本で運行しているのは、室堂から乗った「立山トンネルトロリーバス」と黒部ダムからの「関電トンネルトロリーバス」の2ヶ所だけらしいですが、関電トンネルのトロリーバスは今シーズンで終わり、来シーズンからは電気バスになるそうです。

国内のトロリーバス、残り1か所に 関電が廃止、立山黒部貫光が「唯一」に
https://trafficnews.jp/post/78411

「乗りものニュース」より

sP5180130.jpg

その他の写真は、こちら↓
https://flic.kr/s/aHskBupsmA

出張中@アイオワ

先週から、アイオワ出張中。

今回のホテルはミニキッチン付だったので、晩御飯に、ブロッコリーとかカリフラワーのカット野菜を買ってきて、お湯沸かして茹でて食べてたんだけど、便利なものを発見↓
sIMG_20180314_175453.jpg

これ、袋のまま、電子レンジでチンできる~。ちょっとお値段、高いけど(笑)
電子レンジしかないホテルのときは、便利かも。

来週、帰国します。

北海道の鳥~その3(支笏湖)

北海道、釧路空港から千歳空港へ飛行機で移動した次の日、レンタカーで最後の目的地の支笏湖へ。

支笏湖、プランクトンが少ないので、湖に沈んだ倒木とか、なかなか分解されなくて、そのまま残っているらしい。
ついでに、透明度も高いから、水面からでも沈んだ倒木が良く見える↓
sP7200152.jpg

ここで見つけたのは、アカゲラの幼鳥(たぶん)↓
sP7200983raw

と、ミソサザイかなぁ、、、(自信なし)
sP7201044raw


支笏湖、透明度が高いだけでなく、深い(日本で2番目の深度)ことも特徴らしく、展望台に書いてあったアイヌの神話。

アイヌの支笏湖伝説
- 支笏湖の深さ -

国造神(コタンカラカムイ)が支笏湖をつくったとき、
深さをみようと湖に入った。すると海に入っても
膝小僧が濡れないのに、湖は深く、睾丸まで濡らした。
機嫌を悪くした神様は湖に放した魚をみな海に
投げ返してしまったが、一尾のアメマスが残ったので、
今も湖にはアメマスだけがいるという。
(※ヒメマスはのちに移植されたもの)


神様、いいかげんだな。。。

のちに移植されたヒメマスの料理は、このあたりの名物になっているらしい。
美味でした♪ ごちそうさま。


北海道の鳥~その2(霧多布)

前回の続き。

根室から車で釧路空港へ移動する途中、霧多布へ。
霧多布岬には、エゾカンゾウがたくさん咲いてました。
sP7180067.jpg

ここにいたのは、オオジュリン。
sP7180636raw

霧多布湿原には、ノビタキ
sP7180676raw
とたぶん、そのメス?か幼鳥?
sP7180659raw

ところで、北海道の地名、レンタカーのナビに
「○○を△△方面へ左折」
とか言われたときに、「なんだって?!」って思わず聞き返したくなるものが多い(笑)
そして、道路標識は漢字で書いてあるんだけど、読みだけ聞いたのでは、漢字が全く予測できない。。。
『霧多布(きりたっぷ)』くらいは、湿原が有名なので、聞いたことあるけど。

今回の旅行中、思わずナビに「なんだって?!」と聞き返しそうになった地名の中でも、個人的にいちばんインパクトの強かった2つがこちら↓

 ひちりっぷ
 おたのしけ

さて、漢字で書くとどうなるでしょう?(笑)
 
答えは、こちら↓

続きを読む »

北海道の鳥~その1(根室)

去年の冬、大雪で千歳空港からのフライトがキャンセルになり、たどり着けなかった根室の風蓮湖。
今回も大雨でフライトが遅れて、どうなることかと思ったけど、今度は無事到着。
sP7170052.jpg

「白鳥の」風蓮湖と書いてありますが、この時期、白鳥はいません。
かわりに、タンチョウがいました。
sP7170100raw

オジロワシ
sP7170527raw

この2種類以外は、名前がよくわからなかったので、帰ってからネットで調べてみた。

アオジ
sP7170215raw

キビタキの幼鳥、かなぁ。。。(自信なし)
sP7170228raw

ハクセキレイの幼鳥
sP7170283raw
こっち↓が成鳥
sP7170324raw

カワラヒワ
sP7170326raw

おまけで、エゾシカの親子。(鳥じゃないけど)
sP7170455raw

日本の鳥の名前を調べるのは、ここ↓のサイトが便利。

日本の鳥百科@サントリーの愛鳥活動
http://www.suntory.co.jp/eco/birds/encyclopedia/

ついでに、子供の頃は家の周り(中部地方)で、セキレイって白いのと黄色いのが半々くらいで見かけたと思うのに、最近、白いのしか見ないなぁ、、、と思ったら、上記サイトの「ハクセキレイ」の説明によると、もともと本州に多くいたのは、「セグロセキレイ」と「キセキレイ」で、「ハクセキレイ」が南下してきて、勢力を拡大中らしい。。。

飛騨古川

飛騨古川へ行ってきました。
白壁土蔵街の瀬戸川沿いに、プランターで置いてある花菖蒲がちょうど見頃でした。
sP6260004raw.jpg

今回、ちょっと面白かったのは、『雲』。
泊まった旅館でもらった観光ガイドに

 町を歩くと伝統的な町屋に「雲」が見られます。雲は軒下の「小腕」という軒を支える部材に、木の葉や唐草模様などの文様を彫り、装飾したものです。古川の大工の誇りを示す、紋章です。自分が手掛けた建物には同じ「雲」をつけます。

-観光ガイドブック「ひだ街歩き」より



って書いてあったんだけど、そこに載っていた写真が、何本か「小腕」が写っているんだけど、ひとつひとつ全部違う模様だった。

前日、街を歩いている時から「雲」には気が付いていたんだけど、『自分が手掛けた建物には同じ「雲」をつけます。』とあるとおり、一軒の家の軒下の「雲」は、全部同じ模様だった。
じゃぁ、ガイドブックに載ってるひとつひとつ違う「雲」の付いた軒下の写真、どこで撮ったんだ? どこか、公共の建物?

と街中を探して、発見↓
sP6270050raw.jpg
「飛騨の匠文化館」の軒下でした。

確かに古川独特のものらしく、帰りによった高山(古川から車で30分くらい)の町屋の軒下↓には、「雲」はなかった。。。
scP6280054.jpg
切り口を白く塗るのは共通?

その他の写真は、こちら↓
https://www.flickr.com/photos/chizuru0916/albums/72157682790881804

カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カテゴリー
最近の記事
プロフィール

Chizuru

Author:Chizuru

広告リンク-ECナビ
ECナビ経由で購入すると、「ECナビポイント」とそれぞれのショップのポイント、両方たまります。↓
楽天市場
楽天ブックス
楽天トラベル
ネットオフ
ニッセン
山田養蜂場
dinos
その他ショップは、こちらから。↓
ショップカテゴリ一覧

.

広告 - Amazon.co.jp
広告リンク